電話受付時間:9:00~21:00 年中無休 24時間対応

東京で壁面にアンテナ工事をする際のメリットとデメリットを教えます。

    昔ながらの魚骨の形をした八木式アンテナはデザイン性を気にする方には人気がありませ
    ん。そのため東京で新築戸建てを立てたり、引越しをする際は壁面に設置するデザインア
    ンテナを検討している方も多くいます。

    ここでは、最近人気が高い壁面のアンテナ工事のメリットとデメリットについて詳しくご
    紹介します。

    景観を損ねない
    先にもあげましたが壁面にアンテナ工事をするメリットの1つに、景観を損ねないという
    ものがあります。従来アンテナは屋根の上に高く取り付けるアンテナが一般的でした。こ
    のタイプは高い位置に取り付けることで電波が受信しやすいというメリットがあります。
    しかし、見た目が良くないことから景色の邪魔になってしまうという理由で近年では人気
    が落ちています。
    一方で壁面アンテナなら、目立たなく設置することができるので見た目を重視する人も満
    足できる結果にすることができるようになりました。このタイプは色を選ぶこともでき家
    のデザインに合わせて選べます。また壁面への取り付けとなるので屋根を炒める心配もあ
    りません。しかし、取り付ける位置が八木式に比べて低いため、電波が弱くブースターの
    使用する可能性があります。
    設置する場所や地域によっては地方局が映らない場合もあるので、設置前に確認すると良
    いでしょう。


    鳥や自然災害による影響を受けにくい
    壁面に設置するタイプのメリットとして、鳥や自然災害の影響を受けにくいことが挙げら
    れます。屋根の上に高くつけるアンテナは、雪が降ったり鳥がとまったり、または強風に
    より倒れることがあります。また鳥が止まることで屋根が糞で汚れてしまうこともありま
    す。

    電波が弱くなる場合もある
    先にも説明しましたが、壁面に設置するタイプ取り付け位置によっては電波を受信しにく
    い場合があります。東京の場合は、スカイツリー方面に高い建物が立ってしまうことで電
    波の影響を受ける場合があります。
    基本的にこれらの影響を受けないようにするために、スカイツリー方面に向けて設置する
    ことをおすすめしますが万が一電波障害が起きてしまったら、専門業者に依頼をしましょ
    う。

    工事時間も短縮
    壁面へ設置するアンテナは、工事時間が短いこともメリットです。屋根に設置する対応は、
    はしごをつかったりと大掛かりな工事になることもあります。その際、東京のように家が
    密集している場所では、近隣の敷地からはしごをかけて屋根に上がるケースも考えられま
    す。その際は工事前に近隣へ挨拶が必要です。

    状況にもよりますが工事時間が短縮できることで工賃を抑えられることもメリットのひと
    つです。


    修理交換が簡単
    壁面へ設置するアンテナは、屋根に設置しないため劣化しにくい傾向にあります。しかし
    アンテナは永久に使えるものではありません。使用状況や環境によりますが一般的な耐用
    年数は10年を目安にしましょう。
    その際も、屋根に上がる必要がないため比較的簡単に修理や交換が可能です。


    取り付けは専門業者に依頼をする
    ここまで壁面に設置するアンテナのメリットとデメリットについて解説してきました。
    多くのメリットがあるアンテナですが、取り付けは必ずアンテナ工事専門業者に依頼する
    ことをおすすめします。近年ではDIYが人気でご自身で取り付けをする方もいますが、壁
    に穴を開けることや電波をよく受信する場所は素人には困難です。まずは気軽に問い合わ
    せてみましょう。

    戻る

通話料無料!年中無休!24時間対応!お問い合わせ下さい! 0120-062-118 info@antena-resukyu.com