電話受付時間:9:00~21:00 年中無休 24時間対応

高さがあるビルの近くはテレビが映りにくいことがある

    最近急にテレビが映りにくくなった!と感じている人もいるのではないでしょうか。

    テレビが映りにくくなるにはさまざまな原因がありますが、東京で多いケースは高さがあ
    るビルが近くにある・新しくビルやマンションが建ったとことが原因になるものです。

    東京は高層ビルが多いため、スカイツリーの電波を遮断しやすく、映りが悪い・映らなく
    なった・見づらいなどのトラブルが多発しやすくなっています。

    ここでは、
    ① 電波障害が起こる原因
    ② 電波障害を見分ける方法
    上記の2つについて詳しくご紹介します。

    なおこちらで紹介する電波障害を見分ける方法は、総務省が発表している情報を参考にし
    ているので信頼できる情報です。

    1.電波障害が起こる原因
    電波障害が起こる原因は、いくつかありますが特に起こりやすいのは
    ① 遮断物がある
    ② アンテナの向きが変わっている
    上記の2つです。

    まず遮断物がある場合ですが、高いビルやマンション、看板などがあげられます。

    これらが原因の際は、アンテナの向きを変えたり、少し位置を変えたりしても直らないこ
    とが多く、個人でなんとかするのは難しい場合があります。

    テレビの映りをよくするには、ブースターを付ける方法もありますが、専門の業者に頼む
    ことで、難しい電波状況でも対策が可能です。

    次にあげられるのが、アンテナの向きが変わってしまったことによる障害です。
    テレビの映りはアンテナの向きが少しでも変わると悪くなる場合があります。その際は電
    波をうまく受けられなくなっている原因を改善するためにアンテナの向きを調節してくだ
    さい。

    ベランダなどアンテナに手が届く際は、ご自身で向きを変えられますが、手が届きに食い
    場所にあったり、高所の作業になる場合は安全のため業者への依頼をおすすめします。
    アンテナは、自分で動かしていない場合でも台風などの自然災害や鳥が止まり木がわりに
    使ったりすることなどが原因で若干動いてしまうことがあります。


    2.総務省が教える電波障害を見分ける方法
    実は、テレビが映らない原因は、電波障害だけではありません。
    コンセントが抜けてしまっていた・アンテナ・アンテナ線・テレビ本体が故障してしまっ
    ているという場合も多くあります。

    ここでは、総務省が教える、電波障害・受信障害の見分け方をご紹介していきます。

    1、隣近所も同じ状態なのかを聞いてみましょう。
    電波障害・受信障害なのかを見分ける簡単な方法は、隣近所も同様の状態なのかを聞くこ
    とです。

    もし、ビルやマンションの高さによる電波障害なら、ご近所も同じような状態になってい
    るはずです。

    しかし、隣近所に異変がない場合は、電波障害や受信障害ではない可能性があります。そ
    の際はテレビの故障や、アンテナの故障・アンテナ線の故障を疑ってみましょう。
    テレビが故障していたらテレビの買い替えが必要になります。アンテナの故障や、アンテ
    ナ線の故障の場合は、工事になるので専門の業者へ依頼をするようにしましょう。

    2、高い建物がある場合はゴーストと呼ばれる現象が起きる
    高い建物があり電波障害がある場合は、ゴーストと呼ばれる現象が起きることが多くあり
    ます。

    ゴーストとは、画像が右側にブレて見える現象です。2重・3重、電波障害や受信障害が強
    いときにはそれ以上にブレて重なって見えます。

    もし、ビルやマンションが建っていないのにゴースト現象が起きる場合は、そのほかの建
    物、例えばゴルフ練習場や送電塔などができていないかを確認してみてください。


    テレビがうつりにくくなったら専門業者に依頼しよう
    ここまで高層ビルによるテレビ映りの状態について説明してきました。少しでも不具合を
    感じたら、ご自身で判断するよりもアンテナ工事専門業者に依頼をすることで早急に改善
    ができます。当社には東京の電波状況を熟知したスタッフがいますから、気になる方はお
    気軽にお問い合わせください。

    戻る

通話料無料!年中無休!24時間対応!お問い合わせ下さい! 0120-062-118 info@antena-resukyu.com