電話受付時間:9:00~21:00 年中無休 24時間対応

アンテナ工事業者を選ぶ際に知っておきたいこと

    ご自宅でDIYをする方が多くなりアンテナ工事も自分でできると考える方も多いのではな
    いでしょうか。

    インターネットなどで取り付け方法について紹介されていることで、ご自身でアンテナ工
    事を行う方もいます。しかし、屋根の上やベランダなど高所での作業や、電気配線や正常
    な電波設置をするためには、ある程の知識と経験が必要となります。
    そこで今回は、素人がアンテナ工事をした時に起こりうるトラブル例についてご紹介しま
    す。


    1.屋根からの落下
    素人が行うアンテナ工事で起きやすいトラブルは、落下事故です。アンテナの設置は足場
    が不安定な屋根やベランダという高所で行う作業となります。
    古い住宅の場合は、屋根の老朽化で非常に滑りやすい状態になっていたりします。また屋
    根の形状によっては角度が急になっている箇所もあります。
    ベランダに取り付ける場合についても、外側から設置しなければならないケースも考えら
    れます。
    高所から落下すれば、骨折や脳出血、最悪の場合死に至ることもあります。
    また工事中に起こる、部品の落下による事故も考えられます。人や車に当たってしまった
    ということがないように細心の注意が必要となります。


    2.アンテナの破損
    設置時の破損や設置後に自然災害や鳥による破損が起こる可能性も考えられます。
    一見簡単に思われるアンテナ工事ですが、専門業者は豊富な経験と知識から設置後安定し
    て取り付けができるようその場所に最適な工事を行います。しかし、素人の場合はきちん
    とアンテナを取り付けたと思っていても、うまく設置できていないことがあり、設置後に
    アンテナが落下するなどの事故が起こることがあります。


    3.アンテナの種類
    自分で購入したアンテナが自宅の環境に合わないこともあります。
    アンテナの種類は複数あり、ご自宅の電波状況に適したアンテナを選ぶことが大切です。
    最近ではアプリによる電波チェックも可能となりました。しかし高層マンションや土地の
    高低差により電波状況は異なります。
    その為、素人の判断だけでアンテナを購入してしまうと、テレビが映らなかったり、写り
    が良い時と悪い時があるということにもつながります。


    4.感電事故
    はじめにもお伝えしましたが、アンテナ工事には電気工事の作業が伴います。

    工事には強い電流が流れる作業もあり、知識がない素人が行うと感電する可能性もありま
    す。アンテナ工事による感電は、場合によっては死に至ることもあるため大変危険です。


    5.漏電による火事
    ごく稀な例ですが、漏電による火事の可能性も考えられます。
    アンテナの設置には配線工事が必要です。通常この工事を行う際は、電気工事の資格を持
    っていないと行えません。しかし配線は簡単にできることもあり素人でできると判断して
    しまいがちですが、適切に行わないとのちに不具合が起きて火事になる可能性もあります。
    誤った配線工事は火事以外にも、接続不良にもつながります。


    実は難しい!?アンテナ工事
    ここまで、素人がアンテナ工事をして起こるトラブル例をご紹介しました。
    アンテナの取り付け方法について、インターネットなどで手軽に知ることができるためご
    自身で取り付けをする方も少なくありません。
    設置後の向きを変えるなどの危険が伴わない簡単な作業であれば、そこまで心配はありま
    せんが、無駄な時間やお金、さらには危険を回避するためにも新規で設置を考えるならや
    はり専門業者に依頼するのをおすすめします。

    戻る

通話料無料!年中無休!24時間対応!お問い合わせ下さい! 0120-062-118 info@antena-resukyu.com